ロゴ

美容院でカット方法を変えるだけでも印象は変わる

美容室

カット方法で印象を変えよう

美容院でオーダーできるカット方法はたくさんあります。ヘアスタイルを変えるだけでなく、カット方法を変えるだけでも印象を大きく変えることができます。そこでカット方法の違いがどのような印象を演出できるのか紹介します。まず、グラデーションカットは髪のシルエットを柔らかくしたり、丸みをもたせるのに効果的です。他にも毛先に動きを出したい時などに用いられるカットです。髪の毛の長さにアクセントをつけて、髪の毛先が重なるように演出することでグラデーションのようになります。女性らしいやわらかく丸みのあるやさしい印象を作ります。

ブラシ

レイヤーカット

レイヤーカットは髪のボリュームを軽くしたり、髪に流れをつけるのに最適です。髪に立体感を出すことができるので、ワックスで簡単に髪に動きをつけることができます。印象として軽い質感のヘアスタイルになります。カット方法は頭の上部は短く、下部は長く残してカットすることでレイヤー(層)を作っていきます。

女性

シャギーカット

シャギーカットは毛先を細かくすいていくことで、髪全体の重さをなくし、軽さが引き立つ印象を作ります。ラフなスタイルやボーイッシュな雰囲気によく合います。

髪が多い人に合うヘアスタイル

美容室

ミディアムヘア

髪に適度な重さを残して髪がまとまりやすくなるメリットがあります。カラーはネイビーやアッシュにすることで、髪の量が目立たなくなり、髪の透明感を演出してくれます。カット方法としてはレイヤーをあまり入れずに、カットラインを前下がりにすることで毛先のまとまり感を演出してくれます。

ボブ

髪の量が多い人には長めのボブがオススメです。長めにすることで髪の重さがでてまとまりやすくなるメリットがあるのです。また、髪が広がらないように結ぶことができるのもボブの良いポイントです。普通のボブよりも長めにすることで、結んだ時にも四角いフォルムではなく、やわらかい曲線のフォルムを演出してくれます。

ショートヘア

ショートヘアにして前髪を長めにすることをオススメします。その理由は前髪を長くすると髪全体の重さが低い位置になり、髪がまとまりやすくなるメリットがあるからです。前髪の長さの目安は目の位置よりも下になります。スタイリングとしてはウェットの方が多い髪でもまとまりやすく、ヘアスタイルを長時間キープしてくれます。

縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正

美容院での施術方法はシャンプーをした後に薬材塗布を行い、ドライヤーで乾かしアイロンを入れます。2回目の薬材塗布をしてドライヤーで乾かして完了という流れになります。縮毛矯正はアイロンを入れることでくせ毛を伸ばすことができるので、ボリュームを落としたりまとまり感を出すのに効果的です。

ストレートパーマ

ストレートパーマの場合は、美容院でシャンプーと薬材塗布を2回した後にドライヤーで乾かして完了となります。縮毛矯正との違いはアイロンを入れないという事です。ストレートパーマはパーマをなくしたい時やウェーブを軽くしたりするのに効果的となります。髪のクセや強めのパーマは完ぺきにはなくなりませんが、縮毛矯正よりも髪に与えるダメージは少なく行えます。

広告募集中